ドキワクな毎日ブログ

晴れの日も、曇りの日も、嵐の日だって...ドキドキ♥ワクワクして過ごそうと思う♪ 毎日が活動の日♪♪

『ドキワクな毎日』~ 動画専用の字幕サイト『Amara』で字幕制作(後編) ~

f:id:dokiwaku_everyday:20201031095114j:plain Amara – Award-winning Subtitle Editor and Enterprise Offerings

前回のAmaraの使い方【前編】では、サイトの登録から動画の追加方法までをお伝えしました。
今回は、字幕エディター(編集)画面の構成・操作方法を中心にお伝えします。

字幕制作が初めての方で、【前編】をまだご覧になられていない方は、コチラからご覧ください。

www.dokiwaku-everyday.com

Amaraで字幕制作 基本3つ

Amaraの字幕エディター(編集)画面の使い方について、お伝えするポイントは3つです。

  1. 字幕エディター画面【開き方】
  2. 字幕エディター画面【構成と基本の使い方】
  3. 字幕エディター画面【保存と終了】

1. Amaraの字幕エディター画面の開き方

【前編】の最後では、字幕を起こす動画を追加して終わりました。 今回は、Amaraの字幕エディター(編集)画面の開き方からお伝えします。

f:id:dokiwaku_everyday:20201103121625j:plain

字幕エディター(編集)画面の入り口は、 追加された動画の下部にある【Add/Edit subtitles】です。

1-1. 字幕制作での使用言語【登録・選択】

追加した動画に新規で字幕制作を行う場合、字幕言語を登録します。
【Add/Edit subtitles】を押して、次の画面で登録を行いましょう。 f:id:dokiwaku_everyday:20201112145447j:plain

  • 新規:赤枠
  • Add new subtitlesで、動画の字幕付け言語を選択し、【追加】ボタンを押します。

  • 継続:青枠
    Incompleteで、編集する字幕言語を選択します。

    下の画像のように、2つの言語【Edit English】【Edit Japanese】が表示される場合は、字幕を2つ制作した時です。同じ人が1つの動画に、複数言語の字幕を付けている場合に複数個が表示されます。

    f:id:dokiwaku_everyday:20201113163947j:plain

2. 【Amara】字幕エディター画面の構成と操作説明

字幕エディター画面が開かれた最初の画面は、薄暗い画面が表示されます。 f:id:dokiwaku_everyday:20201102134217j:plain

3つの緑の吹き出しf:id:dokiwaku_everyday:20201105150834j:plainは、画面の操作説明が表示されています。

この3つのエリアは、字幕制作でよく使う基本エリアです。
①画面操作(ショートカット) の説明
③字幕編集
④字幕編集終了

f:id:dokiwaku_everyday:20201114182543j:plain

今回、補助的な使い方ができる2つのエリア
②字幕の履歴
⑤ノート(メモ)

を合わせて説明します。

  1. Play the video
    動画/タイムライン/テキスト枠の操作(ショートカット)
  2. ----------------------
    【字幕履歴】
  3. Type what you hear
    【字幕制作】
  4. Done typing?
    【字幕制作 中断・完了】
  5. ----------------------
    ノート(メモ)

2-1. 動画/タイムライン/テキスト枠の操作(ショートカット)

Amaraの字幕エディター画面で、動画の再生・停止は、【Tab】キーを使います。

タイムラインを表示した場合に使えるショートカットには、戻る・先送り・字幕間の字幕挿入・字幕間のカーソル移動・字幕削除などがあります。

f:id:dokiwaku_everyday:20201116220541j:plain
タイムライン上で削除したい字幕がある場合は、削除したい字幕枠をクリックして編集を有効にしてから【Delete】を押すと削除が可能です。

字幕のテキスト入力でよく使うショートカットは、

  • テキスト入力時の改行: 【Shift + Enter】
  • 字幕(テキスト)の分割: 【Ctrl + Enter】
  • 字幕(テキスト)の新規挿入: 【Enter】(※文末にカーソルがなければ追加されません)
です。

日本語でショートカットをまとめました。制作時にご活用ください。

f:id:dokiwaku_everyday:20201102145008j:plain

2-2. 字幕の編集履歴

新規で字幕を起こす場合は、履歴がまだないので何も表示されませんが、複数回に渡って字幕を起こす場合や、複数の字幕を起こす場合などに字幕の編集履歴が表示されます。 f:id:dokiwaku_everyday:20201114121233j:plain

最初は使い道にピンとこなかったのですが、日本語の字幕付けの後、試しで英語字幕を付けてみたところ、字幕編集履歴に日本語テキストが表示されて翻訳しやすいことに気づきました。 多言語の字幕制作をされる方に有効です。

まだまだ模索している段階なので、新たに気づいたことがあれば追記してお伝えします。

2-3. 字幕制作の領域

f:id:dokiwaku_everyday:20201115115854j:plain

字幕制作のエリアは、動画画面の下に

  1. タイムライン
  2. 字幕入力
  3. 字幕の詳細(文字数・time・エラー)
3つのエリアに分かれています。

2-3-1. タイムラインの表示

Amaraの字幕エディター画面を開いたとき、タイムラインは非表示になっています。
字幕を一気に動画の終わりまでテキスト入力してしまう方は、そのまま作業を進められてもいいのですが、中にはタイムラインを表示して、テキスト入力・タイミング・テキストの長さを調整しながら制作される方もいると思います。

タイムラインを表示させたい場合は、動画画面の右下にある f:id:dokiwaku_everyday:20201102151239j:plainをクリックして、
【Show timeline】を選択すると表示されます。

f:id:dokiwaku_everyday:20201102151621j:plain

f:id:dokiwaku_everyday:20201116100725j:plain

2-3-2. 字幕の入力枠にある(隠れコマンド)

f:id:dokiwaku_everyday:20201115234857j:plain

字幕テキストの入力枠には、隠れコマンドがあります。上の画像でいう赤枠部分です。 f:id:dokiwaku_everyday:20201117151027j:plainの上にカーソルを持っていくと表示されます。

隠れコマンド f:id:dokiwaku_everyday:20201117151105j:plain : タイムライン上の字幕を探す。
f:id:dokiwaku_everyday:20201117151205j:plainf:id:dokiwaku_everyday:20201117151213j:plainは、現在の字幕テキストの前・後に字幕を挿入する。
f:id:dokiwaku_everyday:20201116223331j:plainは、現在の字幕を削除する。
f:id:dokiwaku_everyday:20201102151239j:plainは、(後の説明で出てくる)ノートの使用時に時間を追記する。

青枠の使い方は、まだ分かっていません。

2-3-3. 字幕の詳細(文字数・time・エラー)

f:id:dokiwaku_everyday:20201117154905j:plain

テキスト入力枠の右横には、字幕の詳細が表示されます。

  • 入力した字幕テキストの文字数
  • スタート/エンド時間/差時間
  • エラー表示(オレンジ)
基本、Amaraのエラー表示はオレンジで表示されます。エラーが出るということは、字幕のルールに反しているということです。

字幕制作を行う際、動画サイトや字幕チーム、会社などによる独自のルールがあります。 そして、Amaraで字幕制作を行う場合もルールがあります。

Amara字幕1枠ルール! Max2行
1行:Max(全角)21文字(日本語)
     (半角)42文字(英語)
表示時間の最低秒数:0.7秒以上
テキストの時間の長さ:1秒以上  等
これらのルールに従って字幕制作を行いましょう。

2-4. ノート(メモ)

Amaraの字幕エディター画面には、編集用のメモ欄が用意されています。 f:id:dokiwaku_everyday:20201114200721j:plain

ノートへの入力方法は、に入力➡押す➡表示 です。
制作時のちょっとしたメモ書きとして活用してみてはいかがでしょうか。
私は、普段こんな感じで活用しています。

  • 聞き取れなかった箇所
  • 調べた内容
  • 編集の中断箇所

3. 字幕エディター画面【保存と終了】

さぁ、そろそろ終わりにしましょうか!
f:id:dokiwaku_everyday:20201114165717j:plain

字幕制作を中断する場合
忘れてはならないのがデータ保存【Save Draft】です。

場合によっては、次の編集作業を始める際、字幕エディター画面を開くと『保存されていないデータがあります。復元しますか?』というメッセージが表示されることがあります。
...が、必ずしも表示されるという保証はないので、中断する際は、忘れずにデータ保存をしましょう。

データ保存を忘れると、次の編集の際にモチベーションがガタ落ち。。。_| ̄|○ するので、データを保存してから【Exit】で字幕制作を終えましょう。

3-1. 字幕制作/完了チェック!

動画の最後まで字幕制作が終わったら、確認項目 でチェックをしましょう。

  1. すべてのコンテンツに字幕が付いているか
  2. 動画とコンテンツの内容・タイミングが合っているか
  3. 誤字・脱字がないか
  4. エラー表示(オレンジ表記)されたものはないか

問題がなければ、f:id:dokiwaku_everyday:20201117195344j:plainを押して、完了です。

おつかれさまでした♪

まとめ

今回は、Amaraの字幕エディター画面の使い方について、分かっている範囲内でお伝えしました。

まだまだ未開拓な情報もありますが、新たな発見があればその都度、ブログに追記していこうと思います。

長くなりましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。 是非、一緒に字幕LIFE始めましょう。

次回の予告:Amaraでの字幕制作のやり方【パターン編】