ドキワクな毎日ブログ

晴れのち曇り、ときどき嵐♥ドキドキワクワクが大好物です

『ドキワクな毎日』~ 動画専用 字幕サイト「Amara」の使い方 (前編) ~

2022.07.09リライト:Amaraの仕様変更に対応
今回、YouTubeやVimeoの字幕制作に便利なサイト「Amara」をご紹介します。

アメリカの非営利組織が運営する字幕専用サイトで、彼らの活動事例として、著名人のスピーチ動画「TED」の多言語字幕が有名です。

サイト内は英語がメイン表記になっていますが、Google choromeなどページ翻訳機能を使うことで「日本語」表記に変えることが可能です。

今回はじめて字幕制作に当たられる方に向けて、Amaraの字幕エディタ【無料版】の使い方をメインに、前編・後編の2部構成でご紹介します。

【前編】: Amaraについて / サイトの登録申請 / 動画の登録方法
【後半】: 字幕エディタの使い方 / 字幕の保存と終了

◆ 目次 ◆

字幕専用サイト「Amara」について

Amara(アマラ) は、YouTube・Vimeoなどの動画サイトに、世界中の言語・身近な言葉を使って、誰でも簡単に字幕制作を行うために必要なサービスを提供しています。

◆◇ 2つの提供サービス ◇◆
  • 字幕エディタ【無料版】
  • 字幕サービス【有料版】

PCとインターネットの環境さえあれば、いつでも・どこでも・好きな場所から、大切なプライベート動画・お気に入りの動画・推しの動画に字幕を付けることができます。

プライベート・チーム・コミュニティ・ビジネスといった幅広いシーンで字幕制作が可能なプログラムが用意されています。

  • 個人活動:ボランティアで字幕制作
  •   例)推しの応援活動
  • 小人数チーム:プライベートで字幕制作
  •   例)ファミリー動画
  • 字幕制作プロジェクト:コミュニティで字幕制作
  •   例)コミュニティ活動
  • 大型プロジェクト:ビジネスでのプロフェッショナルな字幕サービス
  •   例)トーク番組・講演

他の字幕エディタや動画アプリを使ったことがある方なら、抵抗なく始められるのではないでしょうか。字幕エディタの操作自体はそんなに難しくないので、はじめての方でも簡単に字幕制作が始められます。

◆字幕付け効果3つ◆

わたしたちは普段、動画を何気に聞き流すことが多いですが、字幕を付けることでどんな効果があるかというと、ザックリ以下の3つが挙げられます。

  • 聴覚機能が弱い高齢者、障害を持たれている方への情報発信
  • 待ち時間・空き時間を利用した動画の閲覧には、公共の場であれば音声よりも字幕向き
  • 国際競争の中では、多言語字幕を付けることで国内だけでなく国外への情報発信が可能

ザッと挙げただけでも3つの効果が期待できます。

日本は、今後ますます高齢化社会に向かっていくことから、動画に字幕を付けることで多くの人に情報を発信することが可能です。

私の個人的な意見としては、中でも教養・知識系の動画は音声だけでなく字幕を付けることで、後から内容を振り返ったり、確認がしやすいといったメリットを感じます。自分ひとりの感動・気づきで終わらせたくない動画には、喜んで字幕を付けています。

◆◇ さぁ!あなたも字幕制作を始めてみませんか? ◇◆

  • 字幕制作に興味のある方
  • 誰かのために役に立ちたい方
  • 推しの動画に字幕付けで応援したい方

カジュアルに始めよう!字幕制作

Amaraを使った字幕制作のメリットは、何といってもオンライン上でカジュアルに字幕制作が始められる 点です。

他の字幕専用サイトやアプリの場合、YouTubeやVimeoの動画ファイルをダウンロードして、サイトの使用可能なファイル形式に変換した後、アップロードする、といった手間があります。

しかし、Amaraの場合は、YouTubeやVimeoの動画のURLさえ分かれば、直ぐにAmaraへ動画情報を登録して字幕制作が可能です。

そんなAmaraが提供する字幕エディタのサービスには 、字幕エディタ【無料版】/ 字幕サービス【有料版】の2つが用意されています。個人活動で字幕を付ける場合は、負担の少ない【無料版】から始めてみてはいかがでしょうか。

はじめてAmaraを使用する方へ:流れ

全体の流れはこちら👇です。

  1. アカウントの登録申請
  2. ログイン
    • 無料・有料の選択(2択)
    • コース選択(4択)
  3. ワークスペースに動画情報を登録
    • 動画のURLを登録
    • 動画の使用言語を選択
    • 字幕言語の選択
  4. 字幕制作
    • 字幕の編集
    • 字幕の保存
  5. 字幕制作完了【Publish】

後編では、4.・5.についてお伝えします。

前編でお伝えする内容は、アカウント登録から字幕制作スタートまでの流れになります。

1.Amaraへ登録申請

先ずは、AmaraのサイトへGo!
amara.org

Amaraで字幕制作を行うには、【無料版】であっても個人用のワークスペースを割り当ててもらう必要があるので、先ずはサイト登録を行います。

画面右上にある  を押します。

次の画面では、セキュリティパズルによる人間チェックが始まります。これは、スパムや怪しいアクティビティをブロックするために必要なチェックなので、避けては通れません。終わればアカウント登録画面へ進みます。

◆◇入力項目4つ◇◆
  • ユーザー名/ID
  • mailアドレス
  • パスワード
  • 確認用パスワード

2. プランのチョイス

【無料版】の字幕エディタを使用する場合は、〇付きのボタンを選択します。

【 無料版】Amara Public

Amara Public
個人アカウント用の字幕エディタを提供しているサービスです。

私も個人活動でAmaraの【無料版】を利用していますが、制作途中での大きな問題を感じたことはありません。

ただ、【有料版】の字幕エディタと比較すると、【無料版】にはないオプションが3つあります。

  • 音声波形
  • 音声速度の調節機能
  • 高度なエディタ機能

音声波形のメリットは、言葉の繋がりや話しのまとまり・区切りを意識しやすいため、音のズレが発生しにくいことが挙げられます。

便利な機能に慣れてしまうと、突然なくなってしまった時の不便さは、大きなものがあります。

しかし!わたしたち人間は、適応能力に優れた生き物。字幕制作の動画本数が増えていくにつれ、音声波形の存在すら忘れてしまうほど慣れていくものです。

最初の頃は、「高度なエディタ機能」という言葉にも惹かれましたが、なんせ趣味での字幕付けなので【無料版】で十分やっていけます。

【有料版】Amara (Plus/Enterprise/Integrated)

  • Amara Plus :少人数チーム
  • (月額:$24)2人で使用可能なプライベートワークスペースを提供

  • Amara Enterprise: 25人以上のパワフルチーム
  •   チームでの字幕管理が可能なサービスを提供
  • Amara Enterprise:ビジネス取引
  •   プロフェッショナルなAmaraの字幕サービスを提供

    Amaraが提供する【有料版】のサービスは、サービスを受ける人数によって内容が異なっています。人数が25人以上のチーム(Amara Enterprise)や、ビジネス組織(Amara Integrated)でプロフェッショナルな字幕サービスを利用される場合は、事前に運営側とコンタクトを取る必要があります。

    さまざまな場面を想定した「字幕エディタ」「字幕管理システム」が用意されています。

    アカウントのワークスペースの割当て

    プランのチョイスが終わるとアカウント用のワークスペースが割り当てられます。初めての方のワークスペースは特に何もない状態ですが、字幕制作の本数が増えていくと上の画像のような一覧が表示されるようになります。

    動画一覧の上の欄にある を押すと、字幕付けする動画の登録に進みます。

    3. 字幕制作用の動画を登録

    字幕制作用の動画の登録内容は、以下の2項目です。

    1. ビデオURL欄:
      • YouTube・Vimeoの動画:URLを入力
      • 動画ファイルを使用する場合【使用可能な形式】:MP3・MP4・WebM・OGG
    2. 動画で使用している言語:
      • 言語欄から選択

    YouTubeの動画に字幕付けをする設定で説明すると、まず字幕付けするYouTubeの動画を開きます。上の画像ので囲んだ[共有]ボタンを押して動画のURLをコピーします。

    【1】 Amaraに戻ったらコピーたURLをビデオのURL欄にペーストします。

    【2】 次に下の欄[Language spoken in the video]は、動画で使用している言語を選択します。ポピュラーな言語は上層にあり、日本語は「イタリア語」の下にがあります。

    【3】 【注意事項】
    Videos in the Public Workspace that have no subtitling activity after 30 days will be removed from Amara. You can add videos back when you are ready to begin creating subtitles.

    ワークスペースに登録した動画は、30日間何も活動がされなかった場合、Amara運営側で動画を削除しますという注意事項です。字幕制作を行う際に、改めて動画を追加し直してくださいねとのこと。

    項目の入力が終わったら を押して、字幕エディタに進みます。

    字幕言語を選んでスタート!

    「プランのチョイス」と「動画の登録」が終わると字幕エディタに進みます。制作を始めるには、 を押して、字幕の使用言語を選択すると、そのまま字幕エディタが開いて作業開始になります。

    字幕制作は慣れるまで凄く時間がかかる作業なので、作業を中断したい場合は、忘れずにデータを保存しましょう。
    次に作業を行う際は、中断した字幕からエディタに入ります。上の画像のように「日本語」字幕が付けられている場合、[japanese [ja]]が表示されているので、それを押して字幕エディタに入ります。 上の行に表示されている、[Compleled subtiles(1)]は、現在この動画には1つの言語で字幕が付いていることを表しています。

    はじめて字幕制作(注意点)

    この記事を読まれている方の中には、はじめて字幕制作をされる方もいると思います。

    推しの動画に字幕を付けて応援したい!
    もっとみんなにこの動画の素晴らしさを伝えたい!

    と余りの熱意からグイグイと字幕制作を始められる方もいるかもしれません。

    はい!私がそうでした。(笑)

    ・・・ということで、私がやらかした失敗談も共有しておきます。

    ◆失敗ネタ◆ それは、YouTubeの字幕エディタがまだ使えていた頃のはなしです。YouTubeで字幕付け作業が終わると目にしていた「字幕協力要請」の文字。
    そこで、せっかく字幕付けをするなら要請が出ている動画に付けようと思い、6本の動画に字幕を付けました。 配信側からの要請だと思い込んでいた私は、運営側に確認を取らずに字幕制作を行ったところ、字幕付けが終わってから数年経ちました。(笑) 動画を付け終わった数か月後のある日、私は知るのです。
    配信側は「字幕制作」を要請していなかったという事実を。。。。_| ̄|○
    なんやそれ!

    制作前のポイント! 字幕制作をする際は、事前に配信者・運営側への確認を取りましょう

    まとめ

    今回は、YouTubeやVimeoの動画に字幕を付けたい方に、字幕専用サイト「Amara」をご紹介しました。2部構成の【前編】ということで、Amaraについての簡単な説明と、初めて字幕制作に当たられる方のために、アカウントの登録申請・動画の登録方法までをお届けしました。

    スムーズに作業は進みましたでしょうか。
    【後編】は、字幕エディタの使い方を中心に説明したいと思います。

    何か操作等で不明点ございましたら、コメントいただければわかる範囲でお答えいたします。

    では、字幕lifeを一緒に楽しみましょう♪♪  --つづく --